藤原北家末流の熊野別当家に、代々、水軍兵法として育まれてきた辺陬(へんすう)の武術が、鬼一法眼(きいつほうげん)以来、京都・鞍馬山に伝来した鞍馬神伝の秘術−天真兵法(てんしんひょうほう)と邂逅(かいこう)・融合し、さらに、南北朝という、史上稀(まれ)な騒乱の時代を経て、独特の 思想と哲学を持つ武術に昇華・結実した。
  これが、旧綾部藩主・子爵の九鬼家に伝わった神伝武術、九鬼神伝天真兵法−通称、九鬼神流(くきしんりゅう)である。

 

 

 

 このホームページは、現熊野本宮大社・九鬼宮司家、及び関係社寺・個人の方々の、格別のご理解とご協力を得て製作されました。
 ここに深甚なる謝意を表します。