十三湊安藤氏館
とさみなとあんどうしやかた

中世に築かれた蝦夷管領安藤氏の本拠

 所在地:青森県北津軽郡市浦村
 築城年:14世紀
 築城者:安藤氏
 形  式:館
 遺  構:土塁、堀

 地図 
(市浦村教育委員会提供)
歴 史  中世・日本海海運の拠点港として名高い十三湊は、日本海と十三湖に挟まれて伸びる砂州の上にあり、安藤氏の館はその十三湊の中心部にあった。
 近年まで具体的な様相はまったくわからなかったが、国立歴史民俗博物館・市浦村教育委員会・青森県教育委員会の発掘調査によって、安藤氏が拠点とした中世港湾都市の貴重な遺跡の全貌がわかってきた。
 「津軽舟」と呼ばれる船便で中央と結ばれる一方、当時の最北端の港として、北の世界とつながるターミナルとしての役割を果たし、中国との交易をはじめ、国内外の物産がこの地に集まり、大交易港として脚光をあびた。安藤氏館は14世紀に設立したが、乱世に入って15世紀半ばに姿を消した。
 栄華を誇った中世の十三湊も、その後の大地震や日本海から吹き寄せられた砂によって浅くなり、現在ではひっそりとした津軽の一漁港になっている。
一口話  十三湊は鉄の積出港としても栄えた。岩木山周辺の古代製鉄の流れが連綿と引き継がれ、中世においても津軽が製鉄の大基地であり、安藤氏の勢力も内外の交易とこの鉄の生産によって支えられたとも思われる。
 函館の志苔館(しのりだて)も安藤氏の勢力下にあり、富を築いたのではなかろうか。
見どころ  岩木川は、中世には十三湊と日本海の砂丘との間に出来た細長い自然の水路「前潟」を通って日本海に注いでいた。その旧流路をはっきりと見ることができる。
 前潟と十三湖に挟まれた十三湊の中心部に地肌が出ている四角い区画が十三小学校で、安藤氏の館があった場所である。発掘調査の結果、館の周辺には武家屋敷や多数の職人の工房が集中しており、様々な製品を作っていたことがわかった。
 館と周囲の武家屋敷を守るため、壮大な土塁と堀を築いたが、今はその土塁と堀が見られるだけで、中世の安藤氏の繁栄を偲ぶしかない。
周辺案内  館跡の側の十三湖は面積18平方kmで、青森県では三番目の大きさを誇り、ヤモトシジミが多く捕れる湖として知られている。湖といっても海水と淡水が交合した湖で、十三潟とも呼ばれ、岩木川の河口にある。
 周辺は中の島公園として整備され、かつての安藤氏の栄華を偲びつつ散策すると旅情が深まる。砂州と日本海の風景も良く、その地形から十三湊が天然の良港であったことがわかる。