広瀬藩

松平(越前)家

分知 3万石
親藩 帝鑑間 陣屋→城主格

出雲松江藩の初代松平(越前)直政の二男松平近栄は、兄、松平綱隆の松江藩の新田3万石を分知され、能義郡広瀬に立藩した。広瀬は尼子氏の古城月山富田城のあったところである。

当初は蔵米支給で、のち領地を分知された。

宗家の越後高田藩主松平(越前)光長の越後騒動に連座して、1万5千石に落とされたが、5千石、1万石と加増を受けて旧に復した。

八代直寛のときに城主格に上げられた。

歴代藩主はほとんど定府だったが、松平直諒は在任中広瀬から参勤し、藩政に力を入れた。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)近栄(ちかよし)

従五位下 上野介
出雲松江藩主松平(越前)直政の二男

初代

松平(越前)近時(ちかとき)

従五位下 式部少輔
松平(越前)近栄の長男

三代

松平(越前)近朝(ちかとも)

従五位下 隼人正
松平(越前)近時の長男

四代

松平(越前)近明(ちかあきら)

従五位下 式部少輔
松平(越前)近栄の四男

五代

松平(越前)近輝(ちかてる)

従五位下 式部少輔
松平(越前)近明の長男

六代

松平(越前)近貞(ちかさだ)

従五位下 淡路守
松平(越前)近明の三男

七代

松平(越前)直義(なおただ)

従五位下 淡路守
美作津山藩主松平(越前)長孝の二男

八代

松平(越前)直寛(なおひろ)

従四位下 宮内大輔
松平(越前)近貞の長男

九代

松平(越前)直諒(なおよし)

従五位下 佐渡守
松平(越前)直寛の長男

十代

松平(越前)直巳(なおおき)

従五位下 佐渡守
松平(越前)直寛の十一男

出雲の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る