広島新田藩

浅野家

分知3万石
外様 柳間 陣屋

浅野長賢は兄の広島藩主浅野吉長から、当初蔵米で3万石を分知された。封地は特に定められておらず、広島城下で政務を見た。

幕末になって、安芸吉田に陣屋を設置した。

藩主は定府であった。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

浅野長賢(ながかた)

二代

浅野長喬(ながたか)

三代

浅野長員(ながかず)

四代

浅野長容(ながかね)

五代

浅野長訓(ながみち)

六代

浅野長興(ながおき)

七代

浅野長厚(ながあつ)

安芸の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る