府中藩


六郷家→皆川家→天領→松平(水戸)家

関ヶ原処分に伴い、出羽の六郷政乗が府中1万石を与えられて、立藩。六郷家は出羽本荘に移り、皆川家が入って三代続くが、無嗣断絶。水戸徳川家初代の徳川頼房の四男の松平頼隆が水戸家から分知されていた2万石を本家に返上して、新たに幕府から常陸、陸奥などに2万石を与えられ立藩。

水戸連枝藩は頼房の長男頼重が讃岐高松、二男の光圀は宗家を相続し、三男頼元が陸奥守山、四男頼隆がこの常陸府中、七男が宍戸藩松平頼雄、の4家が水戸松平連枝藩である。

他の水戸連枝藩と同様、府中に陣屋を構えたとは言っても、藩主は定府であり、家臣は宗家からの出向でほとんどが江戸にあって、藩政の独立性は希薄だった。


歴代藩主

六郷家

1万石
外様 帝鑑間 陣屋


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

六郷政乗(まさのり)

従五位下 兵庫頭
六郷道行の子

出羽本荘へ

皆川家

信濃飯山より 1万8千石
譜代 帝鑑間 陣屋


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

皆川広照(ひろてる)

従四位下 山城守
皆川俊宗の子

二代

皆川隆庸(たかつね)

従五位下 山城守
皆川広照の子

三代

皆川成郷(なりさと)

不詳
皆川隆庸の子

無嗣改易

<天領>

松平(水戸)家

新知2万石
親藩(家門連枝) 大広間 陣屋 定府


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(水戸)頼隆(よりたか)

従四位下 播磨守 侍従
水戸徳川初代藩主徳川頼房の五男

二代

松平(水戸)頼如(よりゆき)

従四位下 能登守 侍従
松平頼隆の三男

三代

松平(水戸)頼明(よりあき)

従四位下 播磨守 侍従
徳川頼房の孫松平安房守頼福の子

四代

松平(水戸)頼永(よりなが)

従四位下 播磨守 侍従
松平頼明の長男

五代

松平(水戸)頼幸(よりとみ)

従四位下 播磨守 侍従
松平頼明の四男

六代

松平(水戸)頼済(よりずみ)

従四位下 播磨守 侍従
陸奥守山藩主松平頼貞の四男

七代

松平(水戸)頼前(よりさき)

従四位下 右京大夫
松平頼済の長男

八代

松平(水戸)頼説(よりひさ)

従四位下 播磨守 侍従
六代松平頼済の二男松平頼陽の長男

九代

松平(水戸)頼縄(よりつぐ)

正四位 右京大夫
松平頼説の長男

十代

松平(水戸)頼策(よりふみ)

従四位下 播磨守
松平頼縄の長男

常陸の諸藩に戻る

関東の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る