延岡藩

有馬家→三浦家→牧野家→内藤家

当初は肥前にあった、有馬家が入り三代継ぐが、一揆が拡大し、その責めを受けて、一旦除封。のち越後糸魚川に減知ながら、家名復活を許される。

下野壬生より、三浦明敬が2万3千石で入り、三河刈谷へ。

三河吉田より、牧野家が8万石で入って、常陸笠間へ。

陸奥磐城平より、内藤政樹が入って、以後は内藤家の支配で、維新まで続く。

七代藩主内藤政義は井伊直弼の実弟だが、その後を継いだ最後の藩主内藤政挙は、井伊直弼の安政の大獄政策に激しく反発し、老中を罷免された硬骨漢太田資始の子、というのも面白い成り行き。

延岡は、今は旭化成の城下町。


歴代藩主

有馬家

肥前日野江より 5万3千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬直純(ひろたか)

従五位下 左衛門佐
有馬晴信の子

二代

有馬康純(きよずみ)

従五位下 左衛門佐
有馬直純の長男

三代

有馬清純(きよずみ)

従五位下 左衛門佐
有馬康純の長男

除封のち、越後糸魚川へ

三浦家

下野壬生より 2万3千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三浦明敬(あきひろ)

従五位下 壱岐守
三浦安次の長男

三河刈谷へ

牧野家

三河吉田より 8万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

牧野成央(なりなか)

従五位下 備後守
牧野成春の長男

二代

牧野貞通(さだみち)

従四位下 備後守 侍従
牧野成春の弟成貞の三男

常陸笠間へ

内藤家

陸奥磐城平より 2万7千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤政樹(まさき)

従五位下 備後守
磐城平藩三代内藤義概の廃嫡された二男内藤義英の長男

二代

内藤政陽(まさあき)

従五位下 能登守
一門内藤政里の二男

三代

内藤政脩(まさのり)

従五位下 備後守
尾張藩主徳川宗勝の十四男

四代

内藤政韶(まさつぐ)

従五位下 能登守
内藤政陽の子

五代

内藤政和(まさとも)

従五位下 備後守
内藤政韶の長男

六代

内藤政順(まさより)

従五位下 備後守
内藤政韶の子 政和の弟

七代

内藤政義(まさよし)

従五位下 能登守
近江彦根藩主井伊直中の子 井伊直弼の弟

八代

内藤政挙(まさたか)

従五位下 備後守
遠江掛川藩主太田資始の三男

日向の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る