流派の目録 その1その2その3・その4・その5その6その7その8
「九鬼神流薙刀」 

 
 九鬼神流に於ける薙刀(なぎなた)は、流祖・薬師丸隆真が、これをもちいて(“鎗”という説もある)足利方の追っ手と奮戦し、棒術を編みだす、 直接の要因をなしたことでも解るように、隆真以前の武術(神伝藤原無双流)中、第一の武器 1であったといわれる。
 今日、伝承される技法のなかには、裏切(うらぎり)・逆切(ぎゃくぎり)などの特殊な用法の他、穂先(ほさき)の反(そ)りを返して、敵の首を巻き、また 小手に掛けて引き崩すなどの、多用な変化が見られ、総合武術ならではの精妙さを発揮している。
 また、九鬼神流の薙刀は、長さ・七尺五寸(225cm)のものを使用し、千段巻(せんだんまき) 2の部分を、九つの鉄輪(かなわ)で巻いて、九輪 (くりん)の形に製し、穂先八寸(21cm)の間を“両刃(もろは)”にするのが古法である。

ますらおは名をしたつべし後の世に、正しき道の薙刀の技(「天津蹈鞴秘文解讀遍」巻之十二「九鬼薙刀秘勝遍之巻」より) 


 

稽古用薙刀と受太刀用木刀 


 
 

薙刀目録


構形(かまえがた)
 6本
1:雁行(がんこう)
2:烏陣(うじん) 
3:水烟(みずけむり)
4:鶴翼(かくよく) 
5:大狩雲烟(おおかりくもけむり)
※以上5本を「秘勝五法(ひしょうごほう)の構え」という
6:常蛇(じょうだ)
※別名「山水(さんすい)の構え」ともいう
起本形(きほんがた)
 表裏5本
※振形(ふりかた)という
表形(おもてのかた) 
  11本 
1:切拂(きりはらい) 
2:一文字(いちもんじ)
3:風拂(かざはらい) 
4:落切(おとしぎり) 
5:逆拂(ぎゃくはらい)
6:雷雨(らいう)
7:阪返(さかがえし)
8:瀧落(たきおとし)
9:駒落(こまおとし) 
10:拂捕(はらいどり)
11:腕落(うでおとし)
中極意(ちゅうごくい)
  13本
1:片手流(かたてながし) 
2:十文字(じゅうもんじ)
3:沈拂(しずみはらい)
4:後捕(うしろどり)
5:平捕(ひらどり) 
6:玉砕(たまくだき) 
7:松風(まつかぜ)
8:柳風(りゅうふう)
9:龍巻(たつまき)
10:腕廻(うでまわし)
11:星光(せいこう) 
12:切返(きりかえし)
13:搦切(からめぎり) 
極意形(ごくいかた)
  2本
1:三段切(さんだんぎり) 2:五段切返(ごだんきりかえし)
皆伝形(かいでんがた) 十字六法切(じゅうじろっぽうぎり)

 


[ 註 ]
1  もともと、薙刀の起源は、藤原鎌足の曾孫・魚名(うおな)が、天平勝宝(てんぴょう・しょうほう)3年(751)11月に内大臣に任ぜられて、兵器の改良をおこない、漢土の眉尖刀(びせんとう)に模して、長巻(ながまき)を造ったのを嚆矢(こうし)とする。魚名はまた、その用法についても研究を重ね、天応(てんおう)3年(781)、征夷(せいい)大将軍に就任した坂上田村麿(さかのうえのたむらまろ)に伝授し、田村麿は、鈴鹿・清見ケ関 (きよみがせき)に賊軍を破ったとき、これをもちいて大いに戦果を挙げたといわれている。
2  薙刀の柄の、丁度、茎(なかご)が入る部分。