流派の目録 その1その2その3その4・その5・その6その7その8
「九鬼神流鎗術」 

 
 九鬼神流の鎗術は、柄で敵の得物を払う志波岐(しばき)や巻込などの、基本的繰法以外に、穂先(ほさき)の刃をもって胴を薙ぎ、小手に切り込み、または剣のごとくに頭上を襲い、或いは、虚空に廻して首を掻くなど、目録の本数以上に多岐に富んだ技が展開される。さらには、鎗をかざして、上より突き下げ、ただちに地に伏せて月之輪(つきのわ) 1を突き上げるなど、殆ど他に見られない用法もあり、九鬼神流の奥の深さをあらわすものといえる。 
 千段巻(せんだんまき)を九輪(くりん)に造るのは薙刀とおなじで、穂先は正三角の樋(ひ)入りにして、長さ・一尺二寸(36cm)、全長・九尺(270cm)の直鎗(すぐやり)をもちいる。 

稽古用木鎗と受太刀用木刀 

敵を唯突くと思ふなうち倒せ、はねて突出す鎗のするどさ(「天津蹈鞴秘文解讀遍」巻之十一「九鬼鎗術秘文遍之巻」より) 


 
 

鎗術目録


構形(かまえがた)
 5本
1:下段(げだん) 
2:中段(ちゅうだん)
3:上段(じょうだん)
4:一文字(いちもんじ) 
5:平一文字(ひらいちもんじ) 
※これを「五法(ごほう)の構え」という
表形(おもてのかた)
 5本
1:捨身(すてみ) 
2:霞(かすみ)
3:繰出(くりだし)
4:繰込(くりこみ) 
5:巻込(まきこみ) 
※鎗術のみ、この"表形5本"をもって「起本形」とする
中極意(ちゅうごくい)
 5本 
1:突下(つきさげ)
2:一本立(いっぽんだち) 
3:星蔭(ほしかげ)
4:霞捕(かすみどり) 
5:拂捕(はらいどり) 
極意形(ごくいのかた)
 3本
1:廻捕(まわりどり)
2:勝身(かちみ)
3:風車(ふうしゃ) 

 


[ 註 ]
1  九鬼神流に於ける「咽喉輪(のどわ)」の名称。